デッキレシピ アグロ

【MTGアリーナ】マルドゥアグロのスタンダード最新デッキレシピ【MTG】

デッキレシピ

アグロタイプのデッキ一覧

マルドゥアグロのデッキ解説

序盤から相手のライフを削る

マルドゥアグロは低コストクリーチャーで構成された赤黒白の3色アグロデッキ。赤色にタッチすることで《災いの歌姫、ジュディス》mtgを採用し、序盤のクリーチャーで押し切りやすい構成となっている。

サイドボードの対応力が高め

3色デッキということもあり、サイドボードに採用できるカードのレパートリーが広く、単色デッキと比べるとサイドボードの対応力が高い。特に《強迫》mtgを採用することで従来のアグロデッキよりもコントロールデッキ相手に立ち回りやすくなっている。

デッキレシピ

  • 吸血鬼型
  • 多色型

mtg

デッキコード/インポートテキスト

デッキコード/インポートテキスト

デッキのキーカード

軍団の副官

mtg

吸血鬼クリーチャー限定ではあるもの、全体強化の効果を持つ2コストクリーチャー。本体が最低限のステータスを兼ね備えている点も優秀だ。序盤に展開したクリーチャーを一気に強化するフィニッシャーとして活躍してくれる。

災いの歌姫、ジュディス

mtg

味方クリーチャー全体を強化すると同時に、死亡時に1ダメージ与える効果で一気にクロックダメージを高められる1枚。クリーチャー同士の戦闘で相打ちを狙いやすくなり、展開力の高いこのデッキのエースカードだといえる。

マルドゥアグロの立ち回り

序盤の立ち回り

mtg

低コストクリーチャーを積極的に展開しよう

マルドゥアグロは早い段階で攻め切ることを狙うデッキなので、序盤の攻めが勝敗の明暗を分ける。《敵意ある征服者》mtgなどを展開して相手のライフを積極的に削りにいこう。また、場に《軍団の上陸》mtgがある場合は3体以上のクリーチャーを並べ、変身させることも狙おう。

中盤の立ち回り

mtg

クリーチャーを強化してフィニッシュを狙う

場にクリーチャーを複数体展開できれば、強化効果を持つカードを使って一気に勝負を決めよう。《敬慕されるロクソドン》mtgを使えば、最速3ターン目でクリーチャーを強化しながら4/4クリーチャーをプレイできる。次のターンを見越して攻撃せずに、招集効果を生かすことも重要だ。

終盤の立ち回り

mtg

トークンクリーチャーで押し切る

もし中盤に相手のライフを削り切れなかった場合は、《一番砦、アダント》mtgを使ってトークンクリーチャーを継続的に生み出し、押し切ることを狙おう。《軍団の上陸》mtgを前もって変身させておく必要はあるものの、《一番砦、アダント》mtgを使えばロングゲームでも戦いやすくなる。

マルドゥアグロのサイドボード/プラン

アグロデッキ相手のサイドボード

mtg
アグロデッキミラーではお互いに除去カードをサイドインするため、1ゲーム目と比べてロングゲームになりやすい。そのため、後半に1枚で勝負を決められる《黎明をもたらす者ライラ》mtgなどを中心にサイドインしておこう。

サイドボード例

ミッドレンジデッキ相手のサイドボード

mtg

手札補充を担える《薄暮の勇者》mtgをサイドインすることで、中盤以降も息切れせずに立ち回れる構成に切り替えよう。マイナス修正による全体除去などを採用しているデッキの場合、破壊不能効果を生かせる場面が少ないため、《不敗の陣形》mtgはサイドアウトしておこう。

サイドボード例

コントロールデッキ相手のサイドボード

mtg

《強迫》mtgをサイドインしてクリーチャーを一掃する《ケイヤの怒り》mtgなどを墓地に送り込もう。また、相手のプレインズウォーカーや厄介なエンチャントを除去可能な《イクサランの束縛》mtgも相手を攻め立てることに役立ってくれる。

サイドボード例

マルドゥアグロの対策/弱点

mtg

デッキに採用されているクリーチャーのタフネスが低いため、全体除去で簡単に一掃されてしまう弱点がある。中でも 《肉議場の叫び》mtgは死亡したクリーチャーを追放できるため、 《災いの歌姫、ジュディス》mtgなどの効果を発動させずに一掃可能だ。除去カードが豊富なエスパーコントロールには不利な戦いを強いられやすいといえる。

エスパーコントロールのデッキレシピはこちら
エスパーコントロールのスタンダード最新デッキレシピ
「エスパーコントロール」デッキのスタンダード最新レシピの記事です。デッキレシピだけではなく、立ち回りやサイドボードも掲載しています。また、エスパーコントロールの対策や弱点などもまとめているので、お役立てください。

MTGアリーナの他の記事

mtg

スタンダードのデッキレシピ

初心者おすすめ記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました