ドラフト テクニック

【MTGアリーナ】基本セット2020のドラフト攻略【MTG】

基本セット2020ドラフト

スタンおすすめ記事一覧

基本セット2020の環境について

環境の概要

クリーチャーのマナレシオ

マナに対するステータス標準値は以下の通り。

2コスト 2/2 〜 1/3
3コスト   2/2 〜 2/3
4コスト 3/3
5コスト 4/4
レア以下のクリーチャーは全体的にパワーが低く、タフネスの高いクリーチャーが多い。そのため、盤面の硬直が起きやすく遅い環境だと言える。その代わり、強力なシステムクリーチャーが多いため、いかにデッキタイプに沿ったデッキを組めるかが重要となる。
飛行クリーチャー単体で盤面打開は望めない

網投げ蜘蛛

他のカードパックと比べると、飛行クリーチャーの枚数自体は多いが全体的にパワーが低い。また、M20ドラフトでは《網投げ蜘蛛》網投げ蜘蛛を筆頭に、タフネスの高い到達や飛行クリーチャーで容易に止まってしまうため、一方的にライフを削りに行く展開を作ることは難しい

カードピックについて

カードピックの優先順位

システムクリーチャー = 確定除去 > 除去呪文 > 優秀なクリーチャー > コンバットトリック
盤面が硬直しやすく、強力な単体クリーチャーを相手に押し付ける展開となりやすい。したがって《殺害》殺害などの確定除去となるカードは最優先で確保しておきたい1枚だ。また、デッキタイプを決める軸となるシステムクリーチャーも優先的にピックしておこう。
勝ち筋となるカードを確保する

超克
M20ドラフトでは盤面を打開するカードは一つの勝ち筋となりやすく、他のパックに比べて価値が高い。クリーチャーを横展開していれば、それがそのまま勝ちに繋がる《鼓舞する突撃》鼓舞する突撃《超克》超克といったカードは優先的にピックしておこう。

注目デッキタイプ解説

赤緑アグロ

低コストカードで攻め立てる

Creeping Trailblazer

赤緑アグロは《這い絡む火跡》這い絡む火跡など優秀な効果を持った低コストクリーチャーを中心に構成されたアグロデッキ。エレメンタルシナジーも生かしやすく、《溶岩族の喧嘩屋》溶岩族の喧嘩屋といったカードで大ダメージを狙うことも可能だ。

盤面硬直が起きづらい

ゴブリンの密輸人

赤のカードには《チャンドラの憤慨》チャンドラの憤慨をはじめ、《ショック》ショックなど優秀な除去スペルが揃っている。また、《ゴブリンの密輸人》ゴブリンの密輸人による速攻+タップ効果で盤面の押し込みも強力。他のデッキタイプに比べて、盤面打開できる手段が多い点も魅力だ。

青緑エレメンタル

エレメンタルシナジーでアドバンテージを稼ぐ

Risen Reef

青緑エレメンタルはトップアンコモンの《発現する浅瀬》発現する浅瀬をベースに構築することを狙いたいデッキタイプ。基本セット2020では《霜のオオヤマネコ》霜のオオヤマネコをはじめ、優秀なエレメンタル・クリーチャーが多数封入されているのでシナジー効果を生かしやすい。

緑のクリーチャーサイズで圧倒できる

Wolfrider's Saddle

緑には相手クリーチャーを効率的に除去できる呪文は少ないものの、《狼乗りの鞍》狼乗りの鞍《残忍な発動》残忍な発動など優秀な強化呪文も揃っている。個々のクリーチャーサイズも他の色と比べると、一回り大きいものが揃っているため、優位に盤面を進めやすい利点もある。

7勝達成サンプルデッキレシピ

青緑エレメンタル

青白フライング

パワーの高いデッキが構築しやすい

Cloudkin Seer

コモン上位の《雲族の予見者》雲族の予見者《霜のオオヤマネコ》霜のオオヤマネコが揃っており、全体的なカードパワーの高いデッキを構築しやすい点がこのデッキタイプの長所。レア以上のカードとも比較的相性が良く、ピックしやすいアンコモンに《天穹の鷲》天穹の鷲といった強力なカードがあることも大きい。

盤面硬直を打開する手段も豊富

Inspired Charge

課題であるタフネスの高い到達や飛行クリーチャーに関しては、《霜のオオヤマネコ》霜のオオヤマネコ《鼓舞する突撃》鼓舞する突撃など盤面を打開できる可能性持つカードが存在している。単体除去が弱い環境であるため、《祖先の刃》祖先の刃などの装備品やオーラで攻め立てる動きも強力。

他のデッキタイプに移行しやすい

青白のカラーリングは個々のカードパワーが高く、どちらかの色がうまく揃わない場合でも他のデッキタイプに移行しやすい。そのため、周りやピックの状況に応じて構築の方向転換が求められる場合があるドラフトでも臨機応変に対応しやすい色だといえる。

白黒コントロール

除去が豊富で安定感がある

平和の心

白と黒のカラーリングは価値の高い除去呪文の枚数が多く、相手の強力なクリーチャー1枚で負けてしまう展開を防ぎやすい。中でも《平和の心》平和の心《殺害》殺害は環境トップの除去でありながら、いずれもコモンカードなのでデッキタイプ自体が組みやすい。

フィニッシャーを確保しやすい

血に染まった祭壇

レア以下にフィニッシャーが多いことも白黒ライフゲインの長所。豊富な除去でロングゲームに持ち込んだ後、《血に染まった祭壇》血に染まった祭壇でトークンを生成する動きは特に強力。もちろんライフゲイン効果を生かして《血の美食家》血の美食家で細かいダメージを稼ぐことで勝負を決めることも可能だ。

低コストクリーチャーを生かす手段も
Daybreak ChaplainGauntlets of Light

基本的に2コストクリーチャーは壁にしかならず腐りやすい。しかし、白黒のカラーリングであれば、タフネスが高いことを生かして《光の篭手》光の篭手などのエンチャントで攻め札にできる。また、《骨の粉砕》骨の粉砕の生贄としても活用できるため、他のデッキに比べて低コストクリーチャーが無駄になりにくい。

 

MTGアリーナの他の記事

mtg

スタンダードのデッキレシピ

初心者おすすめ記事一覧

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました