新カード情報 おすすめ情報

【MTGアリーナ】基本セット2020の注目カードまとめ!【MTG】

基本セット2020新カード情報

スタンおすすめ記事一覧

基本セット2020の注目カードを紹介

基本セット2020

特に注目度の高い新カードを紹介!

この記事では新カードパック『基本セット2020』(M20)のカードを紹介している。発表されたカードの中でも特にスタンダード環境に影響を与えると予想されるカードを中心に紹介しているので、新環境予想の参考にしてほしい。

新カード追加に応じて随時更新!

基本セット2020の公式発売日は07月12日となっており、毎日新カードの発表が行われている。そのため、強力なカードが追加され次第こちらの記事でも随時追記・紹介していく予定だ。

白の注目新カード

神々の思し召し

Gods Willing

能力
インスタント 1コスト


あなたがコントールしているクリーチャー1体を対象とする。色1色を選ぶ。ターン終了時まで、それはプロテクション(その選ばれた色)を得る。(それは選ばれた他のものよっては、ブロックされず、対象とにならず、ダメージを与えられず、エンチャントされず、装備されない)
占術1を行う。

使い勝手の良い1コスト呪文

味方クリーチャーを除去から守るもよし、ブロックされないようにするもよし、使い勝手の良い1コスト呪文《贖いし者、フェザー》贖いし者、フェザーと相性が良く、ボロスフェザーのキーパーツとして活躍することが期待される。

翼の司教

Bishop of Wings

能力
人間・クレリック 2コスト 1/4


天使が1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたは4点のライフを得る
あなたがコントロールしている天使が1体死亡するたび、飛行を持つ白の1/1スピリット・クリーチャー・トークンを1体生成する。

ライフ回復を生かした強力な動きが狙える

《輝かしい天使》輝かしい天使の効果誘発を狙いやすくなるだけではなく、全体除去に弱めなクリーチャーデッキの弱点を補うトークン生成効果を持つ。また、タフネス4と非常に高く、対アグロ性能の高い優秀な1枚だ。

青の注目新カード

空の踊りの手、ムー・ヤンリン

Mu Yanling, Sky Dancer

能力
プレインズウォーカー 3コスト 忠誠度:2


+2: クリーチャー最大1体を対象とする。あなたの次のターンまで、それは-2/+0の修復を受け飛行を失う。
-3: 飛行を持つ青の4/4エレメンタル・鳥・クリーチャー・トークンを1体生成する。
-8: あなたは「あなたがコントロールしている島は「タップ:カードを1枚引く。」を持つ」を持つ紋章を得る。

低コストでありながら除去されづらい

+2と忠誠度を大きく上げると同時に、自身を守れるダメージ軽減効果のおかげで場持ち良い。また、忠誠度-3でトークンを生み出し、攻め手も担ってくれる。腐る場面はほとんどなく、様々な場面で活躍できるカードだと言える。

黒の注目新カード

傲慢な血王、ソリン

Sorin, Imperious Bloodlord

能力
プレインズウォーカー 3コスト 忠誠度:4


+1: あなたがコントロールしているクリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは接死と絆魂を得る、それが吸血鬼であるなら、それの上に+1/+1カウンターを1個置く
+1: あなたは吸血鬼1体を生贄に捧げてもよい。そうしたとき、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。傲慢な血王、ソリンはそれに3点のダメージを与え、あなたは3点のライフを得る
-3: あなたは、あなたの手札から吸血鬼・クリーチャー・カードを1枚を戦場に出してもよい。

吸血鬼デッキのメインカードとなるか

いずれの効果も吸血鬼カードとの相性がよく、クリーチャー主体のビートダウンデッキでの活躍が見込まれる。また、基本セット2020では《凶月の吸血鬼》凶月の吸血鬼《漆黒軍の騎士》漆黒軍の騎士など強力な吸血鬼・クリーチャーが追加されており、吸血鬼アグロといった新デッキタイプが生まれそうだ。

 

朽ちゆくレギサウルス

Rotting Regisaur

能力
ゾンビ 3コスト 7/6


あなたのアップキープの開始時に、カードを1枚捨てる。

サイズの大きさで圧倒する

アップキープ時に手札を1枚捨てるデメリットを持つものの、3コスト7/6と規格外のステータスを持つ。《ラノワールのエルフ》ラノワールのエルフと組み合わせて使えば、《原初の飢え、ガルタ》原初の飢え、ガルタを3ターン目にプレイすることも可能だ!

赤の注目新カード

炎の侍祭、チャンドラ

Chandra, Acolyte of Flame

能力
プレンズウォーカー 3コスト 忠誠度:4


0: あなたがコントロールしている赤のプレインズウォーカーの上に忠誠カウンターをそれぞれ1個置く。
0: 赤の1/1のエレメンタル・クリーチャー・トークンを生成する。 それらは速攻を得る。次の終了ステップの開始時に、それらを生け贄に捧げる。
-2: あなたの墓地から点数で見たマナ・コストが3以下でインスタントかソーサリーであるカード1枚を対象とする。あなたはそれを唱えてもよい。このターン、そのカードがあなたの墓地に置かれるなら、代わりにそれを追放する。

クロックダメージ維持に役立つ

盤面を強化することはできないものの、トークン生成能力で一定のダメージを稼ぎ続けられる。墓地から火力や《舞台照らし》舞台照らしなどの呪文を再活用できる能力も単純かつ強力。赤単アグロなど序盤から相手のライフを削るデッキとの相性が良い、一線級のカードだといえる。

無法の猛竜

Marauding Raptor

能力
恐竜 2コスト 2/3


あなたがクリーチャー・呪文を唱えるためのマナコストは1少なくなる。
他のクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、無法の猛竜はそれに2点のダメージを与える。これにより恐竜にダメージが与えられたなら、ターン終了時まで無法の猛竜は+2/+0の修正を受ける。

高速展開を可能とする恐竜クリーチャー

後続のクリーチャーの展開を手助けしつつ、場に出たクリーチャーが恐竜なら本体火力も高まる攻撃的な1枚。《切り裂き顎の猛竜》切り裂き顎の猛竜など激昂を持つカードとも相性が良く、グルールアグロなどでの採用が検討されそうだ。

ゴブリンの首謀者

Goblin Ringleader

能力
ゴブリン 4コスト 2/2


速攻
ゴブリンの首謀者が戦場に出たとき、あなたのライブラリの一番上から4枚公開する。これにより公開されたゴブリン・カードをすべてあなたの手札に加え、残りをあなたのライブラリの一番下に望む順番で置く。

手札を一気に補充できる

ゴブリンを手札に加える能力のおかげで継戦力が高く、自身も速攻を持っているためビートダウン系のデッキにうってつけの1枚。基本セット2020では他にも新しいゴブリン・カードが追加されており、新環境では赤単ゴブリンなどの活躍が期待される。

緑の注目新カード

変容するケラトプス

Shifting Ceratops

能力
恐竜 4コスト 5/4


この呪文は打ち消されない
プロテクション(青)
緑1マナ:ターン終了時まで、変容するケラトラスは、到達かトランプルか速攻のうちあなたが選んだ1つを得る

ずば抜けた単体性能を持つ

4コスト5/4と高水準のステータスと3つの優秀な効果を持つクリーチャーカード。中でも青系デッキ相手に有利に立ち回りやすく、《時を解す者、テフェリー》時を解す者、テフェリーなどに対象に取られない。緑1マナを払って速攻を付与すれば、PWを即座に除去できる点も強力だ。

夜群れの伏兵

Nightpack Ambusher

能力
狼 4コスト 4/4


瞬速
他の、あなたがコントロールしている狼と狼男は+1/+1の修正を受ける。
あなたは終了ステップの開始時に、このターンにあなたが呪文を唱えていなかった場合、緑の2/2の緑・クリーチャー・トークンを1体生成する

単体で盤面を強固にできる1枚

十分なステータスと瞬速を持ち、4/4と3/3のクリーチャー2体が並ぶ盤面を形成できる。1枚で複数のクリーチャーを並べる点は《生体性軟泥》生体性軟泥に似ているが、こちらの方がインスタントタイミングで唱えられる分使い勝手が良く、タフネスが高いため除去されづらい。メインフェイズで呪文を使わない場面が多いバントミッドレンジなどでの採用が考えられる。

多色の注目新カード

発現する浅瀬

Risen Reef

能力
エレメンタル 3コスト 1/1


発現する浅瀬か他のエレメンタルが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。それが土地・カードであるなら、あなたはそれをタップ状態で戦場に出してもよい。そのカードを戦場に出さないなら、それをあなたの手札に加える。

一気に山札を掘り進められる

3コスト1/1とステータスは低いものの、場に出た際に山札を1枚ドローするか土地を伸ばすことが可能。場に出ただけでも最低限の活躍をしてくれる上に、他のエレメンタルが出るたびに効果が誘発するため、状況次第では一気にアドバンテージを稼ぐことができる。

這い絡む火跡

Creeping Trailblazer

能力
エレメンタル 2コスト 2/2


他の、あなたがコントロールしているエレメンタルは+1/+0の修正を受ける。
4コスト:ターン終了時まで、這い絡む火跡はあなたがコントロールしているエレメンタル1体につき+1/+1の修正を受ける。

エレメンタルの火力増強をはかる

2コストでありながらエレメンタル部族の火力を上げる効果を持つ。中でもエレメンタルを生成できる《炎の侍祭、チャンドラ》炎の侍祭、チャンドラと相性が良く、毎ターン4点以上の打点を生み出せる。マナフラッドしても、起動効果で自身の火力を底上げできる点も優秀だ。

死体騎士

Corpse Knight

能力
ゾンビ・騎士 2コスト 2/2


他のクリーチャーが1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、各対戦相手はそれぞれ1点のライフを失う。

ビートダウンデッキと相性のいい1枚

クリーチャーを複数枚展開することで、相手のライフを大きく詰めることが可能。効果を簡単に誘発させられる《第1管区の勇士》第1管区の勇士など、トークンを複数枚生成できるカードと相性が良く、エスパーミッドレンジやオロゾフナイトなどでの活躍が見込まれる。

MTGアリーナの他の記事

mtg

スタンダードのデッキレシピ

初心者おすすめ記事一覧

コメント

  1. より:

    紋章剥がす呪文が欲しい

  2. ばなな より:

    夜群れの伏兵は「あなたの終了ステップ」開始時に誘発する効果なのですぐにトークンを出すのは難しそうですね。

  3. とあるアリーナプレイヤー より:

    空の踊りの手、ムー・ヤンリンは、
    最後の望み、リリアナを彷彿させるカード。
    3ターン目に出して、6ターン目に奥義は、
    リリアナよりも1ターン早く、出せば勝ちのカード。

    魔性と暗殺者の戦利品を積んだジャンド(赤黒緑)か、
    古呪を積んだエスパー(青白黒)しか環境には残らないと思われる。

    新しく白の除去が出ることを待つしかない。

タイトルとURLをコピーしました