デッキレシピアグロ

【MTGアリーナ】ジャンドダイナソーのスタンダード最新デッキレシピ【MTG】

ジャンドダイナソーデッキレシピ

アグロタイプのデッキ一覧

ジャンドダイナソーのデッキ解説

ジャンドダイナソー

強大な恐竜クリーチャーで押し潰す

ジャンドダイナソーはサイズの大きい恐竜クリーチャーを展開しそのステータスの高さでそのまま押し切ることを狙うデッキタイプ。新カード《朽ちゆくレギサウルス》朽ちゆくレギサウルスが追加されたことで序盤から大ダメージを与えやすくなった。

大型クリーチャーの展開を後押しするカードも

《ラノワールのエルフ》ラノワールのエルフ《無法の猛竜》無法の猛竜など、恐竜クリーチャーの展開を手助けするカードも豊富に採用されている。素早く大型クリーチャーを展開できれば、サイズの大きいクリーチャーでそのまま勝負を決めてしまうことも可能だ。

デッキレシピ

ジャンドダイナソーのデッキレシピ

デッキコード/インポートテキスト

『基本セット2020』注目の新カード

無法の猛竜

無法の猛竜

ダメージレースと後続サポートの両面で活躍する

序盤に展開しつつ、後続の高速展開を手助けする2コスト恐竜クリーチャー。また、場に恐竜クリーチャーが出るたび自身のパワーを上げることもできるため、一気に大ダメージを与えることも狙える。

場に出たクリーチャーに対して2点のダメージを与えてしまうため、カードのプレイ順には気を付けよう。特にタフネス2以下の《オテペクの猟匠》オテペクの猟匠などが手札にある際は要注意だ。

朽ちゆくレギサウルス

朽ちゆくレギサウルス

破格のステータスを兼ね備える

3コスト7/6と凄まじいコストパフォーマンスを持つ恐竜クリーチャー。序盤に展開できればそのまま勝負を決定づけることができる強さを持つ。また、後半には土地が余ってる場合が多く、デメリットも気になりにくい。

ジャンドダイナソーの立ち回り

序盤の立ち回り

ラノワールのエルフ

クリーチャーを展開しよう

序盤は低コストクリーチャーを展開して盤面を制圧していこう。中でも後続の大型クリーチャーをプレイすることに役立つ《ラノワールのエルフ》ラノワールのエルフ《無法の猛竜》無法の猛竜をプレイできるように立ち回りたい。

中盤の立ち回り

変容するケラトプス

サイズの大きいクリーチャーで攻める

盤面にサイズの大きい恐竜クリーチャーを展開し、ステータスの差を生かして相手のライフを削りにいこう。中でも《変容するケラトプス》変容するケラトプスは青のプロテクションを持っており、相手のデッキタイプ次第では一方的に有利な展開を生み出せる。

終盤の立ち回り

レギサウルスの頭目

速攻付与で勝負を決める

終盤になると息切れしてしまうため、手札が枯渇してしまう前に相手のライフを削り切りたい。《レギサウルスの頭目》レギサウルスの頭目は味方の恐竜クリーチャーに速攻を付与できるため、ダメージレースで優位に立てる。《原初の飢え、ガルタ》原初の飢え、ガルタなどと合わせてプレイし、一気に勝負を決めよう。

ジャンドダイナソーの対策/弱点

暴君の嘲笑

序盤に出鼻をくじかれやすい

クリーチャーを中心に構築されたデッキであるため、除去呪文が多く採用されているデッキタイプを苦手としている。その中でも、エスパーミッドレンジ《暴君の嘲笑》暴君の嘲笑《灯の燼滅》灯の燼滅などの除去呪文を採用しており、盤面を返されてしまうため不利な戦いを強いられやすい。

エスパーミッドレンジのデッキレシピはこちら
エスパーミッドレンジのスタンダード最新デッキレシピ
「エスパーミッドレンジ」デッキのスタンダード最新レシピです。デッキレシピだけではなく、立ち回りやサイドボードも掲載しております。また、エスパーミッドレンジの対策や弱点などもまとめているので、ご活用ください。

MTGアリーナの他の記事

mtg

スタンダードのデッキレシピ

初心者おすすめ記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました