デッキレシピ ミッドレンジ

【MTGアリーナ】エスパーミッドレンジのスタンダード最新デッキレシピ【MTG】

デッキレシピ

スタンおすすめ記事一覧

エスパーミッドレンジのデッキ解説

mtg

多色カードを駆使して戦う

エスパーミッドレンジは強力な効果を持つ多色カードを駆使して、豊富な除去や手札破壊攻めるミッドレンジデッキ。第1管区の勇士の兵士トークンを生み出す効果を生かし、大量のトークンクリーチャーで押し切ることも可能だ。

PWの忠誠効果で押し切る

複数枚のプレインズウォーカーを採用しており、ミッドレンジデッキながらも継続的にアドバンテージを稼ぐことができる。時を解す者、テフェリーで安全に高コストカードを唱える動きは単純かつ強力。終盤には悪夢の詩神、アショクを使って、盤面を一気に制圧することも狙える。

『テーロス還魂記』の新カード

終盤に強いカードが採用される

エスパーミッドレンジはこれまで決定力に欠けるデッキだったが、終盤戦に強い新カードの追加で一気にデッキ全体の安定感が増した。中でも悪夢の詩人、アショクは1枚で盤面を制圧しつつ攻めることができるPWカード。持ち前の除去や手札破壊を活かしつつ、高コストカードで勝負を決めよう。

デッキレシピ

エスパーミッドレンジのデッキレシピ

クリーチャー(12)

4 第1管区の勇士
2 正気泥棒
4 半真実の神託者、アトリス
2 夢さらい

呪文(21)

4 思考消去
4 暴君の嘲笑
2 灯の燼滅
2 屈辱
4 時を解す者、テフェリー
2 ケイヤの誓い
2 エルズペス、死に打ち勝つ
2 悪夢の詩神、アショク

土地(27)

2 島
2 平地
2 沼
4 神無き祭殿
4 神聖なる泉
4 欺瞞の神殿
4 啓蒙の神殿
4 湿った墓

サイドボード(15)

2 ドビンの拒否権
2 強迫
3 ケイヤの怒り
4 神秘の論争
4 害悪な掌握

デッキコード/インポートテキスト

過去のデッキレシピ

過去のデッキレシピ

前環境のエスパーミッドレンジのデッキレシピ

エスパーミッドレンジデッキレシピ

過去のエスパーミッドレンジの立ち回り

序盤の立ち回り

mtg

思考消去を使って次のターンに備える

2ターン目に《思考消去》mtgを使って、自分の手札や相手のデッキタイプに応じて手札破壊を行おう。特に序盤は《正気泥棒》mtgを安全に場に出せるように立ち回りたいので、除去カードなどは優先して墓地へ送りたい。

ワンポイントメモ
《第1管区の勇士》第1管区の勇士をプレイした後、《正気泥棒》mtgを続けてプレイする動きも単純でありながら強力。いずれも除去されなければ大きなアドバンテージを得られる上、除去されたとしても《復讐に燃えた血王、ソリン》mtgなどで場に戻すことも狙える。

中盤の立ち回り

mtg

PWを使って盤面の優位を保つ

中盤以降は《時を解す者、テフェリー》mtg《復讐に燃えた血王、ソリン》mtgなどのPW使って、盤面での優位を確保しよう。また、除去カードを活用してコントロールチックな動きも可能なので、手札の状況に応じて臨機応変に立ち回ろう。

終盤の立ち回り

mtg

ドローを進めて有効札を手札に引き込む

ゲーム終盤には《ドミナリアの英雄、テフェリー》mtgを使って、継続的にドローを進めて有効札を引き込もう。インスタント呪文を活用して盤面優位を保ちながら、相手とのハンド差をつけることができれば勝利は目前だ。
[ad]

過去のサイドボード/プラン

アグロデッキ相手のサイドボード

序盤を凌ぎPWカードで押し切る

アグロデッキ相手には《渇望の時》mtgなどの除去呪文をサイドインし、長期戦に持ち込むことを狙おう。ゲーム終盤になれば《聖堂の鐘憑き》mtgやPWカードでアドバンテージ差をつけて押し切ることができる。

サイドボード例
赤単アグロへのサイドチェンジ
白単アグロへのサイドチェンジ
ワンポイントメモ
白単アグロなど除去手段が少ないデッキに対しては、《第1管区の勇士》mtg《正気泥棒》mtgが活躍しやすい。序盤にクリーチャーで攻め切ることも狙えるので、PWカードを入れ替えて除去呪文をサイドインしよう。

ミッドレンジデッキ相手のサイドボード

長期戦を意識したサイドチェンジをしよう

サイドボード後はお互いに除去呪文の枚数が増えており、盤面のクリーチャーだけで攻め切ることは難しい。そのため、《覆いを割く者、ナーセット》mtg《古呪》mtgなどをサイドインすることで、長期戦で少しでも有利に戦えるデッキ構成に切り替えよう。

サイドボード例
エスパーミッドレンジへのサイドチェンジ
4Cリアニメイトへのサイドチェンジ

コントロールデッキ相手のサイドボード

中盤までに盤面をコントロールしよう

強力なPWカードを複数枚採用しているコントロール相手には、長期戦になるほど盤面を取り返しづらい。そのため、序盤から相手のキーカードを《強迫》mtg《ドピンの拒否権》で使わせないようにしよう。また、除去を捨てさせて《正気泥棒》mtgの攻撃を通す動きも狙いたい。

サイドボード例
PWコントロールへのサイドチェンジ
グリクシスコントロールへのサイドチェンジ

MTGアリーナの他の記事

mtg

スタンダードのデッキレシピ

初心者おすすめ記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました