デッキレシピ アグロ コンボ

【MTGアリーナ】ボロスフェザーの最新デッキレシピ【MTG】

ボロスフェザーデッキレシピ

スタンダードおすすめ記事一覧

ボロスフェザーのデッキ解説

ボロスフェザー

コンバットトリック使い回して戦う

ボロスフェザーは低コストのコンバット・トリックが大量に採用されているコンボデッキ。《贖いし者、フェザー》mtgの効果で低コスト呪文を使い回し、相手とのアドバンテージ差を広げる動きが強力だ。

第10管区の軍団兵で攻め立てる

低コストのコンバットトリックを多数採用しているため、《第10管区の軍団兵》mtgのサイズを一気に大きくできる。デッキの性質上、ロングゲームを得意としていないため、できるかぎり序盤に相手のライフを大きく削って勝負を決めにいこう。

デッキレシピ

ボロスフェザーのデッキレシピ

デッキコード/インポートテキスト

ボロスフェザーの立ち回り

序盤の立ち回り

クリーチャーを積極的に展開する

序盤はクリーチャーを展開して、相手のライフを削りにいこう。特に《戦慄衆の秘技術師》mtgは攻撃時に墓地の呪文を無償で唱えることができる。《ショック》mtg《無謀な怒り》mtgを再利用して、相手のクリーチャーを除去しながら攻めよう。

場に《贖いし者、フェザー》mtgがいれば、《戦慄衆の秘技術師》mtgの効果で唱えた呪文も手札に戻すことが可能。そのため、場合によってはメインフェイズで《贖いし者、フェザー》mtgを場に出し、呪文を墓地から回収することを狙おう。

中盤の立ち回り

呪文を使い回してアドバンテージを稼ぐ

中盤以降は呪文を使い回して、一気に攻め立てよう。《贖いし者、フェザー》mtgは自分と相手のターン終了時に使った呪文を手札に戻せる。そのため、可能であれば相手のターン中に呪文を唱えられるよう、自分のターンでマナを使い切らないことを意識して立ち回ろう。

終盤の立ち回り

Gods Willing

対戦をできる限り長引かせない

低コストの呪文を多数採用しているため、長期戦では不利となりがち。そのため、ゲーム終盤に差し掛かる頃には、勝負を決め切れるように立ち回ろう。《神々の思し召し》mtgなどを使って盤面のクリーチャーを守りつつ攻め続けよう。

ボロスフェザーの対策/弱点

味方のクリーチャーを対象にする呪文を中心としたデッキタイプなので、盤面を除去され続ける展開になると厳しい展開となりやすい。中でも火力呪文を多数採用している赤単アグロなどに対しては、盤面にクリーチャーを残すことが難しく、不利な戦いを強いられやすい。

赤単アグロのデッキレシピはこちら
赤単アグロのスタンダード最新デッキレシピ
「赤単アグロ」デッキのスタンダード最新レシピの記事です。デッキレシピだけではなく、立ち回りやサイドボードも掲載しています。また、赤単アグロの対策や弱点などもまとめているので、お役立てください。

MTGアリーナの他の記事

mtg

スタンダードのデッキレシピ

初心者おすすめ記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました