デッキレシピ アグロ

【MTGアリーナ】アゾリウスアグロのスタンダード最新デッキレシピ【MTG】

デッキレシピ

アグロタイプのデッキ一覧

アゾリウスアグロのデッキ解説

mtg

序盤から相手のライフを削る

アゾリウスアグロとは、序盤から低コストクリーチャーを展開して攻めるアグロデッキ。青色にタッチすることで打ち消し呪文を使えるようになっており、ターボフォグなど本来不利な相手ともサイドボード後に戦いやすくなっている

クリーチャーを強化して勝負を決める

盤面に複数体クリーチャーが並べた後は、《ベナリアの軍司令》mtgなどをプレイして盤面を強固なものにしよう。特に最速3ターン目に《敬慕されるロクソドン》mtgの招集で味方クリーチャーを強化できれば、一気に勝負を決めることも可能だ。

デッキレシピ

mtg

「ラヴニカの献身」注目の新カード

mtg

実質的なパーマネント除去として扱えるクリーチャー。除去を行いながらクリーチャーを展開することで、盤面制圧に役立ってくれるまた、コントロールデッキ相手でも、厄介なエンチャントを除去する役割を担ってくれる腐る場面の少ない1枚だ。

アゾリウスアグロの立ち回り

低コストクリーチャー展開して攻める

mtg

序盤からクリーチャーを展開して、素早く相手の体力を削るように立ち回ろうもし、《軍団の上陸》mtgをプレイしていれば、3体以上で攻撃して変身させることを狙いたい。変身させれば土地が増えると共に、継続的にトークン・クリーチャーを生成して攻めることが可能になる。

味方クリーチャーを強化して攻める手を休めない

mtg

低コストカードをメインとするアグロデッキにとって、対戦が長引くほど不利な状況に陥りやすい。そのため、いかに攻め続けて相手のライフを削り切るのかが重要となる。《ベナリアの軍司令》mtg《敬慕されるロクソドン》で味方を強化して、攻め続けられる盤面を維持しよう。

ワンポイントメモ
手札に《敬慕されるロクソドン》mtgが来た際は、相手の次の動きを考えて、プレイするか判断しよう。例えば、コントロールデッキ相手には、打ち消し呪文を準備されている場合があるため、あえて招集を使わずに攻撃した方が良い場面もある。

デッキのサイドボード/プラン

アグロデッキ相手のサイドボード

mtg

アグロデッキミラーでは、相手の思うようにクリーチャーを展開されないよう立ち回りたい《不可解な終焉》mtgは相手の序盤の攻めを受け流すカードとして役立ってくれる。もし、相手が火力呪文を主体とする赤単アグロなどであれば《呪文貫き》mtg《否認》mtgもサイドインしておこう。

サイドボード例

ミッドレンジデッキ相手のサイドボード

mtg

相手が探検を軸としたデッキの場合は、 《トカートリの儀仗兵》mtgをサイドインして効果発動を防ごう。 《トカートリの儀仗兵》mtgを採用するとこちらの攻める速度も落ちてしまうので、《暴君への敵対者、アジャニ》mtgを合わせてサイドインし、ロングゲームを見据えた構成に切り替えよう

サイドボード例

コントロールデッキ相手のサイドボード

mtg

コントロールデッキ相手には、打ち消し呪文をサイドインして相手の除去呪文を打ち消そう。また、《運命の絆》mtgが採用されていない場合には、《暴君への敵対者、アジャニ》mtgで攻め切ることも狙えるため、こちらもサイドインしておこう。

サイドボード例

アゾリウスアグロの対策/弱点

mtg

序盤からクリーチャーで攻めるデッキなので、全体除去カードが弱点だといえる。特に《肉議場の叫び》mtgはマイナス修正効果でありながら追放も兼ね備えているため、盤面を一掃されてしまいやすい。デッキ単位では、回復する手段が多いスルタイミッドレンジに不利となっている。

スルタイミッドレンジのデッキレシピはこちら
スルタイミッドレンジのスタンダード最新デッキレシピ
「スルタイミッドレンジ」デッキのスタンダード最新レシピの記事です。デッキレシピだけではなく、立ち回りやサイドボードも掲載しています。また、スルタイミッドレンジの対策や弱点などもまとめているので、お役立てください。

デッキコード/インポート用テキスト

MTGアリーナの他の記事

mtg

スタンダードのデッキレシピ

初心者おすすめ記事一覧

コメント

タイトルとURLをコピーしました